19年間S級上位で活躍する前反祐一郎選手(43歳)の秘訣は?

競輪選手前反祐一郎(43歳)81期生広島県所属

81期生として、競輪学校を4位で卒業。

アマチュア時代の成績

第5回国民体育大会 スプリント優勝(成年)

平成7年大学対抗スプリント2位

2003年第23回アジア自転車競技選手権2位

チームスプリント優勝等、輝かしい成績を残している。

競輪学校を4位で卒業。

1998年8月に高松競輪場でデビュー戦を1.1.1着で優勝する。

一年半後にS級初勝利、その後S級1班に昇級し、19年間S級で活躍している。

そんな素質抜群の彼は、38歳迄身体のメンテナンスもあまり気にすることなくやって来たそうだ。

他店にて、マッサージをするとかえって調子が悪くなる事があり、それが気になりメンテナンスをしなかったと言う。

38歳頃から落車の後遺症や練習、レース疲れが知らず知らずに溜まる様になった。

5年前から当院にてレース前後は必ずメンテナンスを受けに来る。

また、少しでも気になる事があると当院に来る。

身体の変化に非常に敏感であり慎重。だからこそこの年齢までS級で活躍出来るのだ。

3場所前は優勝戦で戦った。

その1場所前は、前反選手らしい最後尾から捲り追い込みでの1着だ。

次回は6月7日〰9日  西武園競輪場に出場予定。

The following two tabs change content below.
鍼灸療術とアクシスメソッドをもちいて、プロスポーツ選手から子供、介護が必要な高齢者さん達の笑顔に逢う為に精進しています。

関連記事

PAGE TOP