【アクシスメッソッド広島】野球肩は鍼灸整体とアクシスメッソッドで改善できる!

先日、【広島ビジネス倶楽部】で交流のある 法曹界のハンサムO先生が、野球肩の痛みで来院された。

野球肩の症状は、投球動作の5つのフェースの中から判別出来ます。

O先生の痛みは、投球動作の④番目のアクセラレーション期:

投げる方の肩が、最大外旋から加速したボールをリリースするまでの段階のこと。

この時に、最大外旋の時に、肘(トップ)が下がっていると肩の関節に”遊び”ができ、

腕を振る時に肩関節にブレが生じる。

肩関節にブレがあるとインピンジメント症候群、関節辰損傷、腱板損傷などの障害が出ます。

 

O先生の野球肩は、腕を振り上げた時に痛みが出ると言う、、。

治療方法は、鍼灸整体で痛みとアライメントを調節。

アクシスメッソッドで、関節可動域と筋肉の柔軟性

ローテーターカフ(棘上筋.棘下筋.小円筋.肩甲下筋等のインナーマッスル)を使える状態にした。

関節のブレをとると、本来のスムーズな動きを取り戻し治療直後でも、

痛みがなく腕を振る事が出来ます。

コレがアクシスメッソッドの凄い処です‼️

野球肘、野球肩でお困りの方は,お問い合わせ下さいね。

O.T鍼灸治療院 090-7896-1603

The following two tabs change content below.
奥田稔彦
鍼灸療術とアクシスメソッドをもちいて、プロスポーツ選手から子供、介護が必要な高齢者さん達の笑顔に逢う為に精進しています。

関連記事

PAGE TOP