ボートレーサー山口剛選手 腰痛のメンテナンスに来院!

競艇選手は、エンジンやスクリューを整備する時に、長時間座り込んでペラ(スクリュー)の調整をするため腰痛持ちが多い。

山口剛選手も始めて当院に来院された時は腰痛だった。

ボート選手のボート乗車姿勢は、ボートの床に 正座し腸腰筋(大腰筋・腸骨筋)を縮めた状態が長い。

この状態から立ち上がると大腰筋・腸骨筋に引っ張られている骨盤、腰椎が動かない状態で

腰椎が伸展して腰痛の原因になる。

この様な体勢を長く維持しなければいけない方は、ゆっくり立ち上がり、骨盤周りのストレッチを推奨する。

腰が痛いからと腰(腰方形筋)を揉んでも改善しない。

殿筋群・ハムストリングや腸腰筋や大腿筋膜長筋にアプローチしたり、膝の裏辺りにもツボがある。

最後にアクシスメッソッドで筋肉・靭帯に柔軟性を出すと山口選手に笑顔が戻る。

山口剛選手   次回レースは、地元開催宮島競艇場 3月10日からです。

 

The following two tabs change content below.
奥田稔彦
鍼灸療術とアクシスメソッドをもちいて、プロスポーツ選手から子供、介護が必要な高齢者さん達の笑顔に逢う為に精進しています。

関連記事

PAGE TOP