~挑戦することの大切さ~BMX全日本選手権に出場した池口颯斗選手(9~10歳クラス)今年は?

第32回BMX全日本選手権.

伊豆修善寺のサイクルスポーツセンターでは、最期の開催となった。(ダウンヒル会場新設の為に撤去)

今回開催は24名のライダーが広島から参加した。

中でも昨年度のチャンピオン池口颯斗君は9~10歳boysに出場

予選から1.2.1.準決勝4着から

決勝戦では2着と健闘した。

颯斗君は今年に入ってアクシスメソッドをお試しで受けて、本人とお父さんも走りが違う事を感じられて

月一回の計6回の施術を受けた。

レースは勝ったものが勝者となるが、その為に何をしてきたかが大切である。

進化していくためには自分の欠点を素直に認めて、これをどう克服していくかを考えなければ進化はない。

よく欠点より長所を伸ばせとアドバイスをしますね、、人は欠点を周りからの注意、指摘を素直に受け止めようとしない😢

では、どれだけの長所が有りますか?その長所で欠点をどこまでカバー出来ますか?

ここで取り上げる長所とは、超一流に磨きあげられなからもどれだけ自分の欠点を克服して越えたかどうかで進化していく話です。

日本一世界一に成るための自分の長所と欠点の話です。

世界一に成る人はこの欠点を長所となす為に、自分の欠点を一つ減らす、すると長所が一つ増やします

自分の欠点を二つ認めて、それを克服すると、長所が二つ増えます。

自分の欠点を10個認め、10個克服すると、長所が??10個判りやすい(^O^)

成功者は自分の欠点を長所に変える努力と実行力が有るからこそ、自分の夢を実現出来るチャンスを増やす事が出来る。

颯斗君はよく転倒する、バランスが悪いのではないかと相談に来られました。

そこで整体で体調を整え、重心軸を出して、アクシスメソッドで柔軟性を出しました。

彼は元々ポテンシャルが高い選手ですが

力んで(力任せ)身体を使う癖がついており、肩に力が入りバランスを崩すタイプでした。

それで、アクシスメソッドで力み無くても動ける身体にしたのです。

この力みを取るためには通常ならば、相当の時間を費やさなければならない。

この力みについては、レスリングの河名真寿斗選手のコーナーを閲覧してください。

アクシスメソッドは欠点を解決して長所に変えてしまうメソッドです。

この度の日本選手権での準優勝は、親子でセッティングや練習方法を試行錯誤した結果だと思う。

次回投稿は、欠点と長所についてまた話します。

The following two tabs change content below.
鍼灸療術とマキシマムステートプログラムをもちいて、プロスポーツ選手から子供、介護が必要な高齢者さん達の笑顔に逢う為に精進しています。

関連記事

PAGE TOP